ワンポイントレッスン

折本 光司の心理に関するワンポイントレッスン

合理化

2015年5月27日

GUM01_PH01024.jpg

適応機制(合理化)

俗にいう「やせ我慢」とか「負け惜しみ」のような行動や言動を言います。現実的な状況に直面すると、怖い現実や不安な現実が見えてきそうな時、思考をプラスにして合理的に事をうやむやにし、心の安定を図るという無意識の心理的動作となります。特に恐怖を感じていると、無意識に行ってしまう為、嘘もうそと思わなくなるような、とんでもない事を言うような虚言の部分もあると思います。思考的には自分をあざむくような方向に進む為、本当は飛び切り張り切ってやりたい事があったにもかかわらず、多数決などで自分に決まらなかった時などに、「あーよかった、やらされるかと思った」などと、発言するような負け惜しみ的な感覚となります。

  2015年5月27日 00:39:59  [orimoto]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください